--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-03-10

精霊の守り人 一気に最終話まで(4)

いやー全然書けてない。継続するのってこんなに難しかったかな~。。。

ブログをちゃんと毎日書けてる人ってすごいなぁと感じます。しょこたんとか

仕事だからできるのかなぁ~。見てくれてる人がいるからできるのかなぁ~。


こんなに時間が空いてしまったら、「精霊の守り人」のことなんて忘れてるなんて

思うんですが、今「精霊の守り人」の原作を読み終えて、昨日続編の「闇の守り人」

を読み終えました。


半端じゃなくおもしろいです。このブログを見てる人なんていないのは分かっていますが、

もし機会があれば守り人シリーズを読んでみてください。




卵喰いラルンガの存在の知り、春に備える一同。バルサ、チャグム、タンダ、トロガイ師

は雪山の洞窟でゆっくりとした時間を過ごす。後半はトロガイは温泉入りに長期ででかけ

てたりしたので、タンダ念願の3人で過ごすことに。トロガイが帰ると、チャグムの成長

っぷりに驚き。チャグムは男の子の顔になってきているのでした。そしてお祝いに短剣を

与えるトロガイ師。


そしてチャグムの身体に異変が。。。水の精霊に導かれるように湖・サーナンを目指す。

チャグムについていく一同。サーナンで待ち構える狩人たち。ここでラルンガの猛襲が

始まる。


シュガが石版を読み取り、土の属性のラルンガは火に弱いということで、火をぶっかけま

くる一同。その時チャグムが一人超人的な勢いで駆け出してしまう。


チャグム、どこ行くんだ~。。。


卵がかえる本当の場所とは?
スポンサーサイト

2011-02-12

精霊の守り人 一気に最終話まで(3)

なんかブログを確認したら、攻殻機動隊の試写会が広告されててびっくりしました。

これって同じプロダクションの作った精霊の守り人のことを書いてるからですかね?



精霊の守り人 音楽篇1
サントラは相変わらずいい感じです。

アマゾンなどの感想でもあったように「狩る」や「逃げる」「バルサ走る」

「英雄、立つ」などの疾走感のある曲がいいです。



兄を失い、精霊の卵とはそこまでして守らなければならないのか?と疑問を抱くチャグム。

そして何も語らないバルサに苛立ちを覚えるチャグムを連れ、一向はヤクーの集落へ。

そこで知る、「卵喰い」の存在。

100年おきに水の精霊はナユグの世界の者に卵を産みつけ、ぐるっと回った

春にそれはかえる。しかし卵を宿すものを殺し、卵喰らうものの存在が明らかに。

動揺を隠せないチャグム。夜には自分の運命から逃げ出すように村から脱走

します。

追いかけるバルサ。

どうしても行くと言うなら、自分を倒してからいけと自らの槍をチャグムに

放るバルサ。

バルサに刃向かう。


泣きながらバルサに向かうチャグム。

槍を止めて、チャグムを殴るバルサ。

「親に刃物向けるたぁ、どういう了見だい!!!」




ってむちゃくちゃ~。

そして抱きしめるバルサ。絶対にあんたを死なせしない。



なんかこんなむちゃくちゃされたら混乱して、またバルサを好きになっちゃうのは

ぼくだけでしょうか??



バルサたちを追いかけてきた星読み博士シュガと狩人たちもトロガイ師の話から、

卵喰いの存在を知る。



チャグムを卵喰いから守る。

バルサと王宮のものたちの目的が一つになる。

2011-02-09

精霊の守り人 一気に最終話まで(2)

しばらくネットが繋がらなかったり、テスト期間ということ死んでました。

今もテスト期間なんですが、やっと山を越えたところで。。。

全く幾つまで学生やるんだか~。



さて精霊の守り人なんですか、この作品自分ではなかなか珍しくヒットした

作品で。わざわざツタヤのオンライン登録して、サントラを借りる始末。

精霊の守り人 音楽篇1
精霊の守り人 音楽篇2

なんだろな~。正直そんなによいサントラではないんですよ。

でも完全にバルサにやられてしまって…。場面が思い出されて

よいです。

まあ実際あんな芯の強い女性がいたら、惚れるかどうかは分か

りませんが。。。




狩人たちに小屋がみつかってしまったバルサたち。

一方でバルサたちは、チャグムの中に産み落とされた「水の精霊の卵」

がいつかえるのかを探るために古い伝承を唄にして、今も語り継ぐ

先住民ヤクーの集落を訪れることを計画。ちょうどタンダのおじいさ

んの村ということもあってタンダ、バルサ、チャグム、トロガイ師

一向は準備を。その留守中にバルサの小屋に迫る狩人。旅の道具を

届けにきていたトーヤの機転で小屋を燃やし、バルサたちの足取り

分からなくすることに成功。4人は逃げるようにヤクーの集落を目指

した。



いや~しかし、この時たまたまチャグムと星読み博士シュガが町で

出くわしてしまうくだりがあって、その時にチャグムのお兄ちゃんが

亡くなったことをチャグムは知ってしまうんですよね。。。よい兄弟

だったからな~。哀しい。。。



うーん戦いは思った以上に少ないけど、今思ってもやっぱりなんか飲ま

れる作品だな~。

2011-01-22

精霊の守り人 一気に最終話まで(1)

刀鍛冶にバルサの短槍を直してもらったところから、ぼくは

インフルエンザにかかって倒れました…。

A型ということでしたが、AだかBだか知らないけど、とりあえず

熱が38.8度まで上がってもうあっちの世界とこっちの世界を

行ったりきたりしましたね…。

精霊の守り人的にいえば、ナユグとサグを行ったり来たり…。



これを読んでる人でまだかかってない人がいたら、本当に気を

抜かないでください。

マジで、やばいです…。


とりあえず家にインターネットが繋がっていなかったので、ビデオ1

でDVDを借りてきて、残り6話分が借りられていて見れなかったのですが

がっつり横になりながらバルサの活躍を見ました。


もうバルサの渋いことと言ったらなかったです。


チャグムとチャグムのお腹に産み付けられた水の精霊の卵を守るために

バルサと幼馴染みのタンダ、そしてタンガの師匠トロガイ師は奮闘するの

です。



バルサとチャグムははじめ水車小屋に二人で住んでのんびり暮らしてたん

ですが、王宮の星読み博士シュガと暗躍部隊「狩人」たちに見つかってし

まい小屋を追われてしまいました。



長くなったので今日はここまで。

2011-01-11

精霊の守り人 第1-8

もう遅いかもしれませんが、明けましておめでとうございます。


早くクリスマスカラーを払拭しないとだな~。


無限のリヴァイアスを見終えて、次は「精霊の守り人」を見始めました。


功殻機動隊のスタッフが送るだけあって、渋い!


韓国が舞台の話と思ってましたが、どうやら韓国的な国というだけみたいです。


新ヨゴ皇国の第2皇子様、チャグムのお腹に精霊が卵を産みつけてしまったため、大規模


な干ばつが来る。ということで皇子様を、皇帝の手で殺めなければならない。


というのが事の発端。それを回避するために皇子のお母さん、おきさき様が


女用心棒バルサに皇子様を預けるという流れです。


このバルサが渋い渋い。30歳になる女性なんですが、綺麗だし、聡明だしで。


完璧に少佐を彷彿させてます。


とりあえず8話までに追っ手から逃れ、バルサとチャグムは死んでしまったという


ことになったんですが、如何せん皇国の星読みという占い師が「何かおかしい?」


ということに気づいてる感じです。星を読んでそんなことわかるんか~。


とりあえず絵がムッチャ綺麗な作品です。

バルサ
プロフィール

Mash5996

Author:Mash5996
27歳

学生

アフィリエイトの勉強がしたくて初めてみました。

いけるところまで頑張ってみようと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。